メニュー

保険治療との違い

「自由診療」と「保険治療」との違いはどこにあるのでしょうか?
白い歯だから保険外なのでしょうか?
それではただ銀歯が白くなっただけです。

 

私の考える自由診療と保険治療の違いは以下の2点です。

「診療開始までの過程」

「診療のコンセプト」

 

*以下に私の考えを説明していきますが、決して保険治療を完全否定している訳ではないという事をご理解下さい。
国民の健康にとって保険治療は必要不可欠な制度です。
ただ、あまり一般的に認知されていない「自由診療」という選択肢があることをご提示しようとしているとご理解いただければと存じます。

 

『診療までの過程』

 

皆さんは初めて訪れた歯医者さんでよく分からないうちに治療台のイスを倒され、お口の中に手を入れられ、歯を削られたご経験はありませんか?
どの様な病気も原因を突き止めず、正確な診断抜きの治療では長期的な予後を見込めないばかりか、時として医原性の疾患を生み出す「暴力」になりかねません。

そのため当院では治療に至るまでの過程を重視しております。
急性症状がある場合を除いて、私たちは「カウンセリング」、「歯科精密検査」、「治療計画のご相談」を経てから治療を開始します。
一見時間がかかりまどろっこしく感じるかも知れません。

しかし、医療とは「診察→検査→診断→説明→治療」と進むのが一般的です。

(医科の病院に調子が悪くてかかる場合は、

「ドクターによる診察」

→「レントゲン撮影や採血などの検査」

→「症状に対する診断を下す」

→「再びドクターから病状、治療に関する説明」

→「治療開始」という流れで進むことと同じイメージです)

また、歯科疾患は”歯科医師と患者さんが共に治すべき”であると考えています。
現在のお口の中に至った原因を調べ、ご自身のお口の中の状態を正しくご理解いただくのが治療成功の第一歩です。

 

この治療開始までのお時間は、その先の治療がより良い結果と患者さんの満足を得る為に必要な時間であると当院ではとらえています。

『診療のコンセプト』

生体に最も近い、為害性の無い材料を用いるのは当然です。
しかし銀歯の代わりに白い歯を入れただけでは、保険治療の延長で単に材料が変わっただけです。

 

我々歯科医師は「”白い歯”や”インプラント”を売る職業」では無く、「患者さんに”健康”や”満足”を提供し、結果に見合った報酬を得る職業」であると私は考えています。
”白い歯やインプラント”はその一部でしかなく、むしろ大事なことは、治療にかける時間、技術、熱意であると考えます。

 

その方にとって最善と思われる治療を行うには、日本の保険制度の下では「採算性」、「術式の制限」、「材料の制限」があり不可能です。
特に採算性では、日本の診療報酬はアメリカの10〜20分の1!(*)で、日本の歯科医院が利益を出そうとすると1日30人を診る必要があるというデータ(*)もあります。

 

歯科治療は歯を削ったり、歯茎を切ったりするいわゆる”外科治療”です。
外科医が1日30件のオペをする事は可能でしょうか?

 

歯科医と外科医の治療を全く一緒に考えることは出来ませんが、30人もの外科処置を「最高の集中力で」「患者さんの悩みや希望を十分に聞いた上で」行うことは、体力的・精神的・時間的に不可能であることは想像に固くないと思われます。

 

また、保険治療は「出来高制」で「新卒でもベテランでも全国一律の料金」という制度上の特徴があります。
そのため例え悪意が無くとも、患者さん第一の治療を行うのが不可能な場合が多くあります。
これは患者さんが3割の治療費を払っているとはいえ、7割の治療費を国から支払われる制度である限り、「国の決めたことが第一」の治療方針になるのは仕方がないのかも知れません。

 

自由診療では治療費の全てを患者さんからいただいていますので、”保険治療の枠”にとらわれずに「患者さんの事だけを考えて治療をする」事が出来ます。
そしてその考え、姿勢が「初診時〜治療〜メインテナンス」まで一貫しています。

 

以上の点が私が考える保険治療と自由診療の違いです。
もちろんその分、「時間」や「費用」がかかります。
しかし、「咀嚼機能が健康寿命に影響を与える」(*)というデータが示す通り、”口腔内の健康”にはそれだけの価値があると考えています。

 

ご興味のあるかたはまずはご連絡をいただければと存じます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME