メニュー

歯周病治療

歯周病セルフチェック

あなたは以下の様な症状は無いでしょうか?

⃞ 歯を磨くと出血する
⃞ 口臭がすると言われたことがある
⃞ たまに歯が浮くような感じがすることがある
⃞ 揺れている歯がある
⃞ 歯が長くなってきたように感じる

もし当てはまる項目があるようでしたら、歯周病の疑いがあります。

歯周病とは

歯周病とはかつては「歯槽膿漏」と呼ばれた、歯肉の病気です。

日本の30歳から69歳の歯周病の罹患率は80%を超え(平成23年度歯科疾患実態調査より)、2001年ギネスブックにも「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」と記載されている疾患です。

歯周病は歯垢(プラーク)の中に生息する歯周病菌により引き起こされる感染症です。

様々な感染症は、抗生剤の開発、衛生状況の改善など近代医学の発展によって克服されてきました。
では何故歯周病は未だにこれほど蔓延しているのでしょうか?

歯周病の進行

歯周病は一般的にこの様に進行します。

初期の歯周病

初期の歯周病

歯周病菌が、歯と歯茎(歯肉)との境目のある歯肉溝という溝で増殖しすると、歯茎が炎症を起こし赤く腫れてきます。

中程度の歯周病

中程度の歯周病

歯周病菌の感染が歯を支える骨まで及ぶと、歯周ポケットの形成・歯を支える骨の破壊が起こります。

重度の歯周病

重度の歯周病

歯を支える骨の破壊が進むと、歯がグラグラ揺れてきて、最終的には抜歯に至ります。

歯周病の治癒が難しい理由

では原因菌が判明し、感染場所も分かっているのになぜ歯周病の治療が難しいのでしょうか?

抗生剤に対する高い抵抗性

第一の理由は一般的な感染症の治療の効果が低いためです。

感染症の治療の原則は、原因菌の除去です。
体内に感染した場合は抗生剤を投与することで菌を死滅させ、治癒します。

しかし、歯周病は歯周ポケットという体内と体外の境目に感染する疾患である為、抗生剤の効果が及びにくいのです。
さらに感染した歯周病菌はバイオフィルムという特殊な構造を構成します。
身近なバイオフィルムは台所にできる「ぬめり」です。
ぬめりに対して洗剤をかけても除去できないことと同様に、バイオフィルムは抗生剤に対して1000~1500倍の抵抗性を持つと言われています。

そのため、薬で歯周病を完治させることは不可能であると考えられます。

感染源の除去の難しさ

第二の理由は、歯周ポケット内の感染源(歯に付着した汚れ)を物理的に除去することが困であるためです。

深い歯周ポケットの中は直接見ることは肉眼では不可能です。
そのため、歯周病の教科書では「手指の感覚や歯石を取るときの音」など感覚的に汚れ(歯石)が取れているかを判断すると記載されています。

しかし、医科の手術で「見えない状態」で「感覚的に」腫瘍や感染物質を除去するでしょうか?
そのような状態で行われた手術の結果は火を見るより明らかでしょう。

過去のいくつかの調査においても、歯周ポケットの深さが4ミリ以上になると汚れ(歯石)の取り残しが多くなると結論付けられています。
(健康な状態の歯周ポケットは3ミリ以下)

当院の歯周病に対する取り組み

上記のような歯周病治療の問題点を解決するためにはどうしたらよいでしょうか?
それは「病変(病原)を見て取る」という外科処置の基本を守ることです。

そのため当院では従来からの古典的な治療法(保険治療における歯周病治療)ではなく、顕微鏡と特殊な器具(顕微鏡を用いた歯周病治療専用に考案された器具)を用いて歯周病治療を行なっております。

顕微鏡と特殊な器具を用いた「汚れ(歯石)を見て取る」テクニックを用いることでより良い治癒を目指しております。

全身との関わり

近年では様々な研究・調査によって歯周病と全身疾患との関連も明らかになってきています。

歯周病と関連があるとされる疾患

具体的に現在歯周病菌が関与している全身疾患は以下のようなものがあります。

  • 狭心症、心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 糖尿病
  • 妊娠性歯肉炎
  • 低体重児、早産
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 関節炎
  • 腎炎
  • メタボリックシンドローム

これだけでもたくさんありますが、今後の研究によって他に疾患との関連性が明らかになっていくのではないかと思われます。

歯周病菌の感染の影響

お口の中の歯周病菌が全身に影響を及ぼすメカニズムとしては以下の仮説があります。

・歯周病菌が歯周ポケットの中で増殖することで、歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや血管の拡張が起きる
→・歯周病菌が血管の中に侵入する
→・血管を通じて歯周病菌が全身に回る
→・歯周病菌や歯周病菌が産生する毒素(内毒素)などが様々な疾患を引き起こす

たかが口の中の病気」と侮るなかれですね。

「QOL(人生の質)」の向上のための歯科医療

かつて歯周病が歯槽膿漏と呼ばれていた時代には「年を取ったら歯は抜けるもの」と言われていました。

歯を失うと・・・

歯を失い、咀嚼機能(食物を噛み砕き、飲み込む働き)を失うとどうなるでしょうか?

  • かつて食べられた歯応えのある食物が食べられなくなる
  • 家族やお友達との食事で同じものが食べられなくなる
  • 歯が無いところや入れ歯が気になり、思いっきり笑えなくなってしまう
  • そのため外食の際に食事が楽しめなくなる
  • 丸呑みに近い状態になり、消化器系に負担が及ぶ
  • 栄養吸収が不十分になり、健康状態に影響を及ぼす

歯を失うと、食事は味気ないものになり、食べることの喜びを失ってしまいます。
それだけではなく、上記の様な生活はとても色あせたもののように感じませんか?

「健康寿命」への影響

実際に「咀嚼能力」と「健康寿命」の相関関係があるとの調査結果も示されています。
(「健康寿命」とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と厚生省が定義してます)

日本は世界に冠たる長寿国ではありますが、その一方では「介護が必要な期間」も世界で群を抜いて長いのです。
(「平均寿命」から「健康寿命」を引いた「不健康な期間」を便宜的に「介護が必要な期間」と表現しております)

世界各国のデータと比較した結果は以下の様です。

  • 日本(男性) 9.2年
  • 日本(女性) 12.7年
  • アメリカ   8.0年
  • イギリス   7.6年
  • ドイツ    6.9年
  • 中国     7.0年

いかに他の先進国と比べて突出しているかが分かると思います。

「健康に問題があり、介護が必要な期間」が男性で10年近く、女性で10年以上も続く人生は幸せな最期と言えるのでしょうか?

歯を健康的な状態で残し、「食べたいものを美味しく食べ」、「健康で」「活動的な」人生を送るために、歯科医師としてご協力出来ることがあると私は考えております。

『口とは』

最期に歯が、いかに大切なものであるかを説いたDr.ハロルドワースの詩を紹介いたします。

口とは

『口は人間にとってすばらしいものだ。
それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、また人の美しさにとっても・・・。

口 ―― それは、今まさに私が生きていることを表わしている。

もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。
歯を失ったとき彼らは生き続けることが不可能であり、その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく。

人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、しあわせ、よろこび、怒り、 悲しみを表わす。

口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、十分な注意と管理を受けるだけの価値を持っている』

近年の歯科の進化によって歯は一生残せる時代になってきています。

ご予約

先ずはお気軽にご予約ください。

ご予約はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME