メニュー

他院にて何度治療を行なっても違和感が消失しなかったので、顕微鏡を用いて再治療したケース(20代女性:歯科助手)

経緯

患者さんは数年前より、かつて御自身が勤務していた数件の歯科医院で根管治療を受けたにも関わらず、違和感が消失しなかったため、当院を紹介され来院されました。

所見

akimoto1

初診時のレントゲン写真です。一見問題は無さそうに見えます。

akimoto2

↑銀歯が被さっていて、周囲に歯垢(白い苔のようなもの)が見えます。

治療方針

CTでも明らかに歯根破折を疑わせる所見がなかったため、根管内の感染を疑い、根管内の感染源の除去と消毒を行うことにいたしました。
*歯根破折が明らかな場合は抜歯の可能性が高くなります。

金属の被せ物や土台の除去

 

akimoto3

↑金属の被せ物と土台を除去したところです。
まだ接着剤が壁に残っているのが分かります。

亀裂(クラック)の修復

akimoto4

↑接着剤を除去すると、その下には歯の内部に亀裂が入っているように見えます。

akimoto5

↑極小のダイヤモンドポイントなどで亀裂が入っている部分を除去していきます。

akimoto6

歯科用接着剤で補修しました。

 顕微鏡を用いるメリット

これから根管内の汚れや古い充填物を除去していきます。

↓ちなみに肉眼で根管を見るとこのように見えます(イメージ)

akimoto7

拡大鏡(ルーペ)で拡大しても奥の方までは見ることは困難です。

akimoto8

顕微鏡で観察するとこのように見えます。

akimoto9

遠近感が掴みにくいのですが、上の写真は↓この部分を見ています。

akimoto10

顕微鏡を用いることで、はっきりと根管内が観察出来ます

外科処置の原則は”見ながら治療を行う”です。

「見えない状態での手探りの治療」と「クリアに見ながらの治療」とどちらの予後が良いかは明らかであると考えます。

消えない違和感の原因は・・・

様々な器具を駆使して内部を徹底的に綺麗にしていきます。

↓いくらか綺麗になりましたが、まだ奥の方にピンク色の古い充填物が残っています

akimoto11

↓手用器具で丹念に綺麗にしていきます。

akimoto12

↓古い充填物は除去されたように思われます。

akimoto13

この後、根管内の壁を滑沢に仕上げ、消毒を行った上で感染が再び及ばないように充填を行いました。

akimoto14

 

支台築造・歯冠修復

複数回の治療によって脆弱化した歯を樹脂の材料で補強を行い、形態を整えます。

akimoto1

最終的にはセラミックを被せて噛み合わせを回復いたしました。

↓治療後の状態です。

akimoto2

akimoto3

akimoto4

現在症状は落ち着いているとのことです。

まとめ

レントゲンには現れなくとも根管の中が感染していることがあり、今回はその感染を取り除いたため症状が消退したと思われますが、今後も注意深く経過を観察する必要があると思われます。

また、この様に何度も治療を繰り返す事により歯が菲薄になり脆弱化することから治療後の再発を可能な限り少なくする努力が必要と考えます。

【治療回数:4回 治療費用:215,000円】

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME