メニュー

院長Blog『第104回アメリカ歯周病学会参加報告』

[2018.12.13]

こんにちは。
横浜の歯科医院「アキモトプライベートデンタルオフィス」院長の秋本です。

去る10月27日より11月1日までカナダ・バンクーバーにて開催されました第104回アメリカ歯周病学会(AAP)に参加して参りました。

 

その期間は臨時休診とさせていただきまして、患者さんの皆様にはご理解を頂きまして感謝しております。

今回はそのご報告と参加して感じた事を書こうと思います。

 

今回のAAPを一言で表現すると「20年に一度の歴史的な回であった」ということです。

何が歴史的だったかというと、全世界の歯周病の概念が20年ぶりに変わり、それが学会として正式に発表されたのです。

大きな違いは、これまでの分類では「進行度」のみを評価対象としていたのが、「悪性度」を評価対象と加え、「ステージ」と「グレード」で表すことになりました。


学会期間中の3日間は、朝8時から17時までの学会参加、その後19時まで秋山先生によるご解説という、なかなかハードな日程でした。

勉強のために渡航したため、観光する時間は無かったのですが、自身の臨床の向上の為にとても学びの多い研修会でした。

同時にトップレベルの歯科医師の発表を聞いて、より一層の歯科医療の研鑽、英語の上達に必要性を強く感じました。

 

では診療室でお会いするのを楽しみにしています。

秋本

 

IMG_3541

IMG_3545

IMG_3552

IMG_3575

IMG_3580

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME